佐藤守弘の講義情報

佐藤守弘(京都精華大学)の講義関係情報--芸術学/写真論/視覚文化論など


https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院) 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス

15視覚文化論2

視覚文化論2 最終回

レポート課題 レポート課題:任意の視覚的イメージを一点選び、それが何をどのように表しているのかを記述した上で、講義内容(複製技術論、オリジナルとコピーの問題など)を踏まえた上で論ずる。 取り上げるイメージは、いわゆる「美術」に限るものではな…

視覚文化論2 第13回

レポート課題 レポート課題:任意の視覚的イメージを一点選び、それが何をどのように表しているのかを記述した上で、講義内容(複製技術論、オリジナルとコピーの問題など)を踏まえた上で論ずる。 取り上げるイメージは、いわゆる「美術」に限るものではな…

視覚文化論2 第12回

レポート課題 レポート課題:任意の視覚的イメージを一点選び、それが何をどのように表しているのかを記述した上で、講義内容(複製技術論、オリジナルとコピーの問題など)を踏まえた上で論ずる。 取り上げるイメージは、いわゆる「美術」に限るものではな…

視覚文化論2 第11回

展覧会告知 GALLERY FLEUR - 京都精華大学ギャラリーフロール -|Exhibition -展覧会-|本の空間―ざわめきのたび 講義 『TheLastAngelOfHistory [DVD]』 仏像写真論--作品化と商品化(寺社縁起研究会 関西支部 シンポジウム「俗化する高僧絵伝と明治時代-寺…

視覚文化論2 第10回

講義 人造人間への欲望/「亜人間」の恐怖 創世記(口語訳) - Wikisource ゴーレム - Wikipedia ホムンクルス - Wikipedia 西行の人造人間:『撰集抄』巻五第一五 オートマタ 神戸ドールミュージアム (Kobe Doll Museum) アクトロイドの無気味さ ロボットレン…

視覚文化論2 第9回

講義 人造人間への欲望/「亜人間」の恐怖 創世記(口語訳) - Wikisource ゴーレム - Wikipedia ホムンクルス - Wikipedia 西行の人造人間:『撰集抄』巻五第一五 オートマタ 神戸ドールミュージアム (Kobe Doll Museum) アクトロイドの無気味さ ロボットレン…

視覚文化論2 第8回

散漫な聴取と空間性=クラブ・ミュージックと身体 音楽と反復:ミニマル・ミュージック/JB/マイルス Terry Riley: In C - YouTube 大和田俊之『アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで (講談社選書メチエ)』 音楽を聴く/絵画…

視覚文化論2 第7回

講義 音楽と複製技術 音楽とテクノロジー 録音=ブレイク・ビーツ、サンプリング、ダブ/リミックス 電気的増幅=マイク、エレクトリック・ギター 電子音合成=テルミン、シンセサイザー 自動演奏=シークエンサー、DTM MOOG [DVD] モジュレーション [DVD] …

視覚文化論2 第6回

告知 京都精華大学 大学院 芸術研究科・デザイン研究科 合同シンポジウム「呼吸するART & DESIGN vol.2.2」飯田 豊 × 毛原大樹 “無線的創造力――ラジオ・アートの思想と実践” | 京都精華大学 講座のご案内[開講スケジュール]/懐徳堂記念会/大阪文化と商道徳…

視覚文化論2 第5回

講義 複製技術と「流用」 流用(アプロプリエーション) 美術作品や広告、写真など、特定の文脈で使われていた既製のイメージを採り上げ、それを別の文脈に置き直すことによって、新たな作品を作り出すこと レディ=メイドと芸術 さまざまな流用芸術 ダダと…

視覚文化論2 第4回

展覧会紹介 INTERMEDIATHEQUE 東京大学総合研究博物館 The University Museum, The University of Tokyo 東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY - LIXIL|企業情報|文化活動|LIXILギャラリー|巡回企画展|鉄道遺構・再発見 Rediscovery--A …

第3回

講義 視覚文化論とは? ――記号/表象/文化 視覚文化 Visual Culture 聴覚文化 Auditory Culture 物質文化 Material Culture 文化論的転回(カルチュラル・ターン) 「文化」の定義 古典的定義 人類学的定義 「意味の共有」 コンテクスト(context)=文脈の…

視覚文化論2 第2回

イントロダクション 講師の自己紹介 佐藤守弘 デザイン学部教授(共通科目)、専門:芸術学、視覚文化論 佐藤守弘の経歴・業績 研究室:流渓館215 コンタクト:msatow@kyoto-seika.ac.jp オフィス・アワー:毎週木曜日14:00〜15:30 流渓館215 上記の時間は基…

視覚文化論2 第1回

告知 初回からなんですが、校務のため休講です。12日からはじまります。

視覚文化論2:講義概要

視覚文化論2 月曜日1講時 履修年次:芸術/デザイン/マンガ/ポピュラーカルチャー学部3年次〜 講義の目的 表象・複製技術・トポグラフィ 視覚文化研究(ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ)という新たな学問潮流を概観する。「視覚文化」には、いわ…


https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス