佐藤守弘の講義情報

佐藤守弘(京都精華大学)の講義関係情報--芸術学/写真論/視覚文化論など

講義情報:フィールドプログラム京都

プログラムの目的

  • 京都路上観察:都市の細部に目を向け、歴史の痕跡を探索する 
    • 歴史は文書に記されるだけではない。さまざまに変化を遂げてきた都市の表層に、モノのかたちで遺されていくこともある。地蔵祠、街角タイル、石碑、小鳥居など。また都市計画の変更が路上に痕跡として遺されることもある。本プログラムでは、今和次郎による考現学赤瀬川原平らによる路上観察学をモデルとして、普段の生活では見過ごされている都市の細部に焦点を合わせることで、都市の歴史を歩きながら「体感」することを目指す。毎回のフィールドワークの前には、その日のテーマにかかわる諸理論を講義する。

プログラム予定

評価

  • 授業参加度50%、成果報告50% 

注意

  • フィールド・ワークを行うため、歩きやすい靴、服装で参加すること。 

https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス