佐藤守弘の講義情報

佐藤守弘(京都精華大学)の講義関係情報--芸術学/写真論/視覚文化論など

講義概要:芸術学A

芸術学A

  • 水曜日2講時

講義の目的

  • 現代社会のなかでの芸術――私たちは「芸術」をどのように理解しているのか 
    • 私たちは、日頃、雑誌やテレビ、インターネットなどで、さまざまな視覚的イメージに接触し、それらから情報を得ている。では、私たちはどのようにして、イメージから意味を読み取っているのだろう。本講義では、視覚的イメージをコミュニケーションのためのメディアと考え、ヴィジュアル・リテラシー(視覚的な読み書き能力)について理解を深めることを目標とする。扱う対象は、絵画、映画、マンガと多岐にわたるが、それらが「意味」をどのように作り上げているのか、そのメカニズムについて理解を深めていきたい。さらに、そのような理解の上で、近代における「芸術」という制度の成立や「デザイン」という概念の誕生、その変容を幅広く見ていくことによって、芸術と近代社会・文化との関わりを再考する。絵画、彫刻、デザイン、さらには音楽における近代主義モダニズム)の確立と変容を通じて、私たちが今日受容している「芸術」というものがどのような歴史的、思想的プロセスを経て成立してきたのかを問いたい。このようなプロセスに関する知識を得ることで、受講生自らが学んでいる文化制作を相対化することを目標とする。 

講義の進め方

  • 1. イントロダクション
  • 2. ヴィジュアル・リテラシーとは?
  • 3. コミュニケーション・メディアとしての視覚的イメージ-- 交通信号の文法構造
  • 4. マンガのヴィジュアル・リテラシー
  • 5. マンガにおけるコマ割りの修辞学
  • 6. 物語映画の文法--ショットとシーン
  • 7. アトラクションとしての初期映画
  • 8. 絵を「読む」-- 物語と絵画
  • 9. 西洋絵画における近代性
  • 10. モダニズム絵画--「主体」と「表現」の神話
  • 11. 音楽における近代性--モダン・ジャズを中心に
  • 12. デザイン・ファッション・建築におけるモダニズム
  • 13. 制度としての「美術」
  • 14. 美術制度の確立--日本の近代
  • 15. まとめ

評価方法/基準

  • 出席40%、レポート60%

注記

  • 芸術学1A、2Aと同時開講とする。

https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス