佐藤守弘の講義情報

佐藤守弘(京都精華大学)の講義関係情報--芸術学/写真論/視覚文化論など


https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院) 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス

学術論文演習 第13回

期末課題

  • レポートテーマ:批評文を書く。批評の対象は、論文、書籍、作品(美術、デザイン、マンガなど)、展覧会などなど。対象をきちんと紹介した上で、その対象の評価できる点、あるいは問題点をきちんと指摘すること。
    • 書式:字数:1200〜2000字 形式:A4用紙縦使い、横書き、ワープロ推奨、ホッチキスは左上とめ
    • 提出日時:1月23日(火)2講時
    • 提出会場:平常授業教室内

批評文について

    • 佐藤守弘「たしからしさの世界を捨てる方法――『プロヴォーク』と中平卓馬の1968年」『セカイとセイカの40年――from 1968 to 2008――精華大のあんなひと、こんなヒト、どんな人?」京都精華大学、2009年 2月、42-43
    • 佐藤守弘「Asian Meeting Festival 2016 5th Day in Kyoto もうひとつのジャズとしてのアジアン・ミーティング・フェスティバル」ウェブサイトAsian Music Network、2016年7月、http://asianmusic-network.com/archive/2016/07/asian-meeting-festival-2016-5th-day-in-kyoto.html(「2月11日 もうひとつのジャズとしてのアジアン・ミーティング・フェスティバル」『Asian Meeting Festival 2016』Asian Music Network、2017年、10−11)
    • 佐藤守弘「ポピュラー音楽とメディエーション――グローバル化したアメリカ音楽と日本(そして韓国)(書評:東谷護『マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く――流行現象からの脱却』)」『表象』11、2017年3月、293-295

https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス