芸術学概論(1) 第1回

講義

芸術学概論(1) 講義概要

芸術学概論(1)

  • 月曜日5時限(オンデマンド配信)
    • このクラスは多人数なので、リモートで行います。
    • 毎週月曜日にe-classで映像の視聴方法をお知らせします。
    • 視聴後に、質問やコメントがあれば、e-classの掲示板に土曜日までに書き込んでください(任意です)。質問に答えたテクストを、その次の講義までにe-classにアップします。

講義の目的

  • イメージとヴィジュアル・リテラシー
    • 私たちは,日頃,雑誌やテレビ,インターネットなどで,さまざまな視覚的イメージに接触し,それらから情報を得ている。では,私たちはどのようにして,イメージから意味を読み取っているのだろう。 
    • 本講義では,視覚的イメージをコミュニケーションのためのメディアと考え,ヴィジュアル・リテラシー(視覚的な読み書き能力)について理解を深めることを目標とする。扱う対象は,絵画,映画,マンガとさまざまなメディアにわたるが,それらが意味をどのように作り上げているのか,どのように伝えているのか,そういったメカニズムについて理解を深めていきたい 
    • さらに,そのような理解の上で,近代における芸術という制度の成立や変容を幅広く見ていくことによって,芸術と歴史・社会との関わりを再考する。絵画やデザイン,さらには音楽におけるモダニズム近代主義)の確立と変容を通じて,私たちが今日受容している芸術というものがどのような歴史的,思想的プロセスを経て成立してきたのかを問いたい。

講義の進め方

  1. イントロダクション——「芸術」=“Art”?
  2. ヴィジュアル・リテラシーとは——「見る」ことと「分かる」こと
  3. コミュニケーション・メディアとしての視覚的イメージ——交通標識の単語/文法
  4. マンガのヴィジュアル・リテラシー1——イメージとテクスト
  5. マンガのヴィジュアル・リテラシー2——コマの統語法
  6. 物語映画の文法——ショットとモンタージュ
  7. 初期映画——驚きとアトラクション
  8. 遠近法と写真——世界の捉え方
  9. 絵を「読む」—— 絵画と意味
  10. 絵画の内容・絵画の形式——「何」を「どのよう」に描くのか
  11. 西洋絵画における近代性——「意味」からの脱却
  12. 絵画のモダニズム——「主体」と「表現」の神話
  13. 音楽における近代性——モダン・ジャズを中心に
  14. デザイン/ファッション/建築のモダニズム——機能と形態
  15. 振り返りとまとめ

評価方法/基準

  • 平常点(出席,クラス参加,グループ作業の成果等):30%
  • レポート:70%
    • レポートの内容は,受講生が任意のイメージを選び,それを詳細に記述し,講義で扱う作品の構造を分析するというものになる予定。取り上げた対象をしっかりと自分の目で見て,それを論理的に説明できているかどうかが評価のポイントである。

芸術学特論(1) 講義概要

芸術学特論(1)

  • 金曜日2時限

講義の目的

  • イメージと文化
    • 本講義では,視覚文化論(ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ)という研究分野を概観する。「視覚文化」には,いわゆる美術のほか,写真,映画,テレビ,広告,マンガ,ファッション等,幅広い対象が含まれる。私たちはこうした視覚的イメージを,どのようにして見,どのようにして理解しているのだろうか。私たちを取り巻くこうした視覚文化の数々を読み解くための方法を,まずは現代におけるさまざまな文化理論を紹介した上で,広告などを例として考察する。さらに現代の視覚文化の基礎となる19世紀における視覚の変容を追っていく。

講義の進め方

  1. イントロダクション:視覚文化とはなにか
  2. 「文化」とは一体何なのか:文化概念の変容
  3. ストリート・カルチャーから「文化」を考える
  4. メディウムとメディア:文化と媒介
  5. 記号と表象:意味とコンテクスト
  6. 視覚的イメージのメディア的諸機能
  7. 広告の記号論:外示と共示
  8. CM映像のレトリック:切り返しと主観ショット
  9. 19世紀の視覚文化:視覚遊具からパノラマへ
  10. 万国博覧会と近代的視覚
  11. 写真・観光・博覧会:世界を視るプロジェクト
  12. 鉄道の視覚文化:パノラマ的風景の誕生
  13. 初期映画とアトラクションの美学
  14. トポグラフィの視覚文化論
  15. 振り返りとまとめ

評価方法/基準

  • 平常点(出席,クラス参加,グループ作業の成果等):30%
  • レポート:70%
    • 任意の視覚的イメージを一点選び,それを丁寧に記述し,講義内容に基づいてそれを分析,解釈するタイプのレポートになる予定。取り上げた対象をしっかりと自分の目で見て,それを論理的に説明できているかどうかが評価のポイントである。

大正イマジュリィ学会第18回全国大会シンポジウム

シンポジウム「マンガの中の大正」

佐藤守弘・参照文献

写真芸術学会シンポジウム

日本写真芸術学会関西支部 第4回シンポジウム

  • 写真のアーカイブについて4
    • 2021年2月28日(日曜日) 午後5時~午後7時
    • 基調講演:佐藤守弘、竹中悠美
    • コメンテーター:菅谷富夫

佐藤守弘「キャビネットのなかの世界——写真とアーカイヴズ」

  1. アーカイヴ(ズ)とはなにか?
  2. 美術館とアーカイヴズ
  3. アーカイヴズのなかの写真、アーカイヴとしての写真
  4. ドキュメンタリー写真とアーカイヴ

佐藤守弘のアーカイヴ関係著作

芸術学特論(2) 最終回

講義

期末レポート

  • レポート課題
    • 任意の写真を一点選び、その写真が「何を」「どのように」表しているかを記述した上で、講義で触れた写真の理論を踏まえて論述する。
      • 取り上げる写真は、いわゆる「芸術作品」に限らず、報道、広告、科学的なものなどでもよい
      • 取り上げた写真は、かならずレポート内にレイアウトして掲載すること(写真の添付がない場合は成績が下る)
  • 記入方法 PCで作成し、e-classにはPDF形式で提出
  • 用紙形式 A4判用紙
  • 枚数・字数(20字以内自由記述) 1200〜2000字
  • 書式 ヨコ書き
  • 提出先 e-classで提出すること
  • 提出期限 2021年2月4日

日本の芸術2 最終回

講義

デザイン論特講 第15回

講義

レポート課題

  • レポート課題:任意の広告イメージを一点選び、その広告を精密に記述した上で、文化論、イメージと視線の問題など講義の内容に則して論述する。
    • 引用元、情報の出典、参考文献(書籍、ウェブなど)は、文末にリストの形で必ず明記すること(下記の字数には含めない)
    • 書式:A4用紙横書き、明朝体 PDF形式で提出すること
    • 字数:1200〜2000字
    • 取り上げたイメージを、必ずレポート内にレイアウトすること。
    • 提出締切:1月29日(金)厳守!

芸術学特論(2) 第14回

講義

期末レポート

  • レポート課題
    • 任意の写真を一点選び、その写真が「何を」「どのように」表しているかを記述した上で、講義で触れた写真の理論を踏まえて論述する。
      • 取り上げる写真は、いわゆる「芸術作品」に限らず、報道、広告、科学的なものなどでもよい
      • 取り上げた写真は、かならずレポート内にレイアウトして掲載すること(写真の添付がない場合は成績が下る)
  • 記入方法 PCで作成し、e-classにはPDF形式で提出
  • 用紙形式 A4判用紙
  • 枚数・字数(20字以内自由記述) 1200〜2000字
  • 書式 ヨコ書き
  • 提出先 e-classで提出すること
  • 提出期限 2021年2月4日

デザイン論特講 第14回

講義

レポート試験

  • レポート課題:任意の広告イメージを一点選び、その広告を精密に記述した上で、記号論や文化論など講義の内容に則して論述する。
    • 引用元、情報の出典、参考文献(書籍、ウェブなど)は、文末にリストの形で必ず明記すること(下記の字数に は含めない)
    • 書式:A4用紙横書き(ワープロを推奨)、明朝体 ホッチキスは左上
    • 字数:1200〜2000字
    • 取り上げたイメージを、必ずコピー(白黒でも可)、あるいは印刷してレポートに添付すること。
    • 提出場所:教務チーム前提出ボックスへ提出

デザイン論特講 第13回

講義

デザイン論特講 第12回

講義

  • 視線と権力
    • ジェンダーと視線
      • ティントレット《スザンナの水浴》
      • ストーリー:「美しい若妻スザンナが沐浴しているときに、長老二人が近寄り、言い寄った。しかし、スザンナは拒絶した。逆恨みした長老たちは、スザンナを姦通罪で訴え、スザンナは死刑になってしまいそうになる。そこで、預言者ダニエルは二人の長老を尋問し、矛盾を暴き、スザンナの無実が実証された。二人の長老は死刑となった」(旧約聖書ダニエル書外典より)。
      • 3つのまなざし
        1. スザンナを「覗き見」る長老たちのまなざし=見返されることのない「非対称」のまなざし
        2. 鏡を見るスザンナのまなざし=自らを見る:男性のまなざしを内面化したまなざし
        3. 絵を見る観者のまなざし=メタ・レヴェルのまなざし:ポルノグラフィ?
      • ジェンダー=社会的、文化的に定められた性差(男らしさ/女らしさなど):生物学的な性差(セックス)とは区別される。
        • 男性優位のジェンダー構成においては、男性は見る主体であり、女性は見られる対象となる。
        • 視線の主体である男性は、「見る」という行為によって女性という「他者」を性格づける。
        • 男性(主体)は、女性(他者)に付与したそれぞれの性格(受動的、露出、イメージ、感情、神秘、自然…)の反対語(能動的、窃視、言語、理性、好奇心、文化…)を自らに付与する。
        • 「主体」とは先験的に存在する物ではなく、「他者」との関係の網目のうちに構築される物である。
        • 「男は行動し、女は見られる。男は女を見る。女は見られている自分自身を見る。これは男女間の関係を決定するばかりでなく、女性の自分自身に対する関係をも決定してしまうだろう。彼女の中の観察者は男であった。そして被観察者は女であった。彼女は自分自身を対象に転化させる。それも視覚の対象にである。つまりそこで彼女は光景となる」(ジョン・バージャー『イメージ Ways of Seeing―視覚とメディア (パルコ・ピクチャーバックス)』)。
      • マネ《オランピア》の視線
    • オリエンタリズム」と視線
      • オリエンタリズム=ヨーロッパのオリエントに対する支配的言説の様式
      • オリエントは…ヨーロッパ人の心のもっとも奥深いところから繰り返したち現れる他者イメージでもあった。そのうえオリエントは、ヨーロッパ(つまり西洋)がみずからを、オリエントと対照をなすイメージ、観念、人格、経験を有するものとして規定するうえで役だった(E・サイードオリエンタリズム 上 (平凡社ライブラリー)』)。
    • 「京都」への視線
    • 岩倉具視と「二つの首都」構想(1883年):東京と西京
    • 視線の内面化
      • パノプティコン=一望監視装置
        • ジェレミーベンサムが考案した監獄
        • 監視する:看守から見ると、窓から入る逆光によって、囚人たちの身体は個別性を喪った抽象的な影として浮かびあがる
        • 監視される:中央の監視塔は鎧戸になっている

芸術学特論(2) 第13回

講義

デザイン論特講 第11回

講義

芸術学特論(2) 第12回

講義


https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス