デザイン論特講3 第3回

講義

芸術学特論(2) 第3回

講義

基礎演習 第3回

講義

英書講読 第3回

デザイン論特講3 第2回

講義

芸術学特論(2) 第3回

講義

  • 写真前史
    • 穴/レンズと感光体
    • 幾何学的遠近法(透視図法)とイリュージョン
      • =二次元の画面上で、三次元(空間)を表す「さまざま」な仕方:一つではない
      • 近代以前の日本における遠近の表し方=画面内での上下が奥行きとして読まれる
      • ルネサンス期における「幾何学的遠近法」
        • 「世界に開かれた窓」としての絵画=三次元空間というイリュージョン
    • 様々な描画装置

基礎演習 第2回

講義

英書講読 第2回

講義

デザイン論特講3 第1回

イントロダクション

  • 講義情報
    • 講義情報ウェブサイト(ブログ)について
    • 質問、コメントについて

講義

日本の芸術2 第2回

講義

  • 文化概念の変容
    • 古典的定義=「教養」としての文化
    • 人類学的定義=「生活の仕方の全体」
    • 「意味の共有」としての文化=文化論的転回
    • さまざまな「カルチャー」
      • ハイ・カルチャー=高級文化
        • ドミナント・カルチャー=ある共同体の主流を占める文化。しばしばハイ・カルチャーと同義だが、対義語はサブカルチャーになる。
      • ロー・カルチャー=低級文化。被支配者層の文化
        • ポピュラー・カルチャー=民衆文化。近代に限らない。
        • マス・カルチャー=大衆文化。多くの人達のために大量に作られる文化。複製技術を前提にする。
        • ポップ・カルチャー=ポピュラー・カルチャーと同義にも用いられることもあるが、つかの間の流行といった意味も持つ。
        • サブカルチャー=主流(ドミナント)ではない、周縁的な文化。


A Fred Perry Subculture Films #2: This Is A Modern World

芸術学特論(2) 第2回

講義

  • 写真前史
    • 穴/レンズと感光体
    • 幾何学的遠近法(透視図法)とイリュージョン
      • =二次元の画面上で、三次元(空間)を表す「さまざま」な仕方:一つではない
      • 近代以前の日本における遠近の表し方=画面内での上下が奥行きとして読まれる
      • ルネサンス期における「幾何学的遠近法」
        • 「世界に開かれた窓」としての絵画=三次元空間というイリュージョン
    • 様々な描画装置

基礎演習 第1回

イントロダクション

  • 講義情報
    • 講義情報ウェブサイト(ブログ)について
      • 演習の目的
      • 演習の予定

英書講読 第1回

イントロダクション

  • 講義情報
    • 講義情報ウェブサイト(ブログ)について
      • 講読の目的
      • 内容の予定
  • 講読テクスト

講義

デザイン論特講3 講義概要

デザイン論特講3

講義の進め方

  • 1. イントロダクション:メディア、イメージ、視覚文化
  • 2. 「文化」を理解する:記号、表象、コンテクスト
  • 3. サブカルチャーから文化を考える
  • 4. ストリートの戦術:流用・転用・ブリコラージュ
  • 5. ヴァナキュラー・デザインの諸相
  • 6. 「建築家なしの建築」と「建築外の建築」
  • 7. 路上の系譜:考現学から路上観察学へ
  • 8. 痕跡と考古学的想像力
  • 9. ブリコラージュと「野生の思考」
  • 10. 複製技術と視覚的イメージ
  • 11. 複製技術とデザイン
  • 12. 引用・流用・剽窃
  • 13. 複製技術時代の音楽:ダブ、リミックス、ヒップ・ホップ
  • 14. デザインの外側へ
  • 15. まとめ

評価の方法

  • 授業参加度:40%、期末レポート:60%

日本の芸術2 第1回

講義


https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス