日本の芸術2 第2回

質問

  • 日本文化は海外でいつ頃から知られるようになったのか?
  • 自文化のどのような部分を外に発信していくべきか?

講義

  • 文化概念の変容
    • 古典的定義=「教養」としての文化
    • 人類学的定義=「生活の仕方の全体」
    • 「意味の共有」としての文化=文化論的転回
    • さまざまな「カルチャー」
      • ハイ・カルチャー=高級文化
        • ドミナント・カルチャー=ある共同体の主流を占める文化。しばしばハイ・カルチャーと同義だが、対義語はサブカルチャーになる。
      • ロー・カルチャー=低級文化。被支配者層の文化
        • ポピュラー・カルチャー=民衆文化。近代に限らない。
        • マス・カルチャー=大衆文化。多くの人達のために大量に作られる文化。複製技術を前提にする。
        • ポップ・カルチャー=ポピュラー・カルチャーと同義にも用いられることもあるが、つかの間の流行といった意味も持つ。
        • サブカルチャー=主流(ドミナント)ではない、周縁的な文化。
      • 民俗(フォーク)文化について


A Fred Perry Subculture Films #2: This Is A Modern World

芸術学特論2 第2回

講義

  • 写真前史
    • 穴/レンズと感光体
    • 幾何学的遠近法(透視図法)とイリュージョン
      • =二次元の画面上で、三次元(空間)を表す「さまざま」な仕方:一つではない
      • 近代以前の日本における遠近の表し方=画面内での上下が奥行きとして読まれる
      • ルネサンス期における「幾何学的遠近法」
        • 「世界に開かれた窓」としての絵画=三次元空間というイリュージョン
    • 様々な描画装置

美学芸術学基礎演習 第1回

イントロダクション

  • 講義情報
    • 講義情報ウェブサイト(ブログ)について
      • 演習の目的
      • 演習の予定

日本の芸術2 第1回

講義

来週の参考文献

芸術学特論2 第1回

イントロダクション

  • 講義情報
    • 講義情報ウェブサイト(ブログ)について
    • 質問、コメント掲示板について

講義

日本の芸術2 講義概要

日本の芸術2

講義概要

  • 日本の近現代の文化において重要な役割を果たしている視聴覚文化——写真や音楽——を,コミュニケーションのためのメディアという視点から紹介します。誰が,誰のために,何を,どのように作ることによって,何をしようとした/しているのか。画像や音を実際に見たり聞いたりしながら,その機能について考え,さらに,考えたことを相互に理解し合うことが目標です。なお毎週,授業の終わりに,出席確認を兼ねて,作品や扱われた問題に関する感想文(解釈・記述・評価)を書いてもらいます。

講義計画

  • 1 ガイダンス:「文化/Culture」とはなにか(佐藤)
  • 2 ポピュラー・カルチャー/マスカルチャー/サブカルチャー(佐藤)
  • 3 日本の写真Ⅰ:写真の伝来――迫真性と珍奇性(高橋)
  • 4 日本の写真Ⅱ:天皇の肖像――御真影と家族写真(高橋)
  • 5 日本の写真Ⅲ:芸術写真――絵画と写真(高橋)
  • 6 日本の写真Ⅳ:新興写真――広告と報道(高橋)
  • 7 日本の写真Ⅴ:戦後写真の展開――記録と表現(高橋)
  • 8 日本の写真Ⅵ:現代アートと写真――境界の横断(高橋)
  • 9 初音ミクからみる現代日本の視聴覚文化Ⅰ:初音ミク現象の概要(舩木)
  • 10 初音ミクからみる現代日本の視聴覚文化Ⅱ:現象の背景——同人音楽VOCALOID,動画投稿サイト(舩木)
  • 11 初音ミクからみる現代日本の視聴覚文化Ⅲ:音楽としての側面1——楽曲の傾向,歌詞(舩木)
  • 12 初音ミクからみる現代日本の視聴覚文化Ⅳ:音楽としての側面2——他の日本のポピュラー音楽との比較(舩木)
  • 13 初音ミクからみる現代日本の視聴覚文化Ⅴ:キャラクターとしての側面——N次創作,データベース消費論(舩木)
  • 14 初音ミクからみる現代日本の視聴覚文化Ⅵ:西洋近代の音楽観との比較(舩木)
  • 15 総括(レポートの書き方/提出の仕方)(佐藤)

評価

  • 平常点 20%
  • コメント 30%
    • 授業の終わりに,担当者から質問をして,それに対する回答を書いてもらいます。どれだけ授業を正しく理解しているかが,評価のポイントです。
  • 期末レポート 50%
    • 3人の担当者にそれぞれレポートを提出してもらいます。どれだけ日本の視覚/聴覚文化を深く理解したかが評価の分かれ目です。

芸術学特論2 講義概要

芸術学特論(2)

講義概要

  • 写真と複製技術
    • 1839年に発表された写真術という新たな技術は,人の視覚の様態を根底から覆した。映画,テレビ,コピー,さらにはデジタル・カメラやデジタル・ビデオにいたるまで,全て写真術を応用したものである。本講義では,写真の前史から成立の課程を追い,どのような社会的条件が写真の発明を要請したのか,そしてそれがどのように社会に影響を与えたのかを考えていきたい。次にその歴史を踏まえた上で,写真の理論的な側面にも光を当てていく。写真独特の視覚とは何か,写真は芸術にどのような変化をもたらしたのか,写真は社会をどう変えたのか。そうしたさまざまな疑問を受講生とともに考えていきたい。さらに複製技術,すなわち写真,録音,映画が現代の視覚文化/聴覚文化に及ぼした影響を,さまざまな実例とともに考えていく。

講義計画

  1. イントロダクション:写真と近代性
  2. 幾何学的遠近法とイリュージョン
  3. 遠近法描画装置とカメラ・オブスキュラ
  4. 写真の発明:ニエプスとダゲール
  5. トルボットと『自然の鉛筆』:複製技術としての写真
  6. 写真の痕跡論:記号論からのアプローチ
  7. アイコンとインデックスの混合
  8. 痕跡的イメージの系譜:影絵・デスマスク・聖顔布
  9. ヴァナキュラー写真論:遺影写真を考える
  10. 複製技術と現代社
  11. 仏像写真:礼拝と展示
  12. 引用・流用・剽窃
  13. 複製技術時代の音楽:ダブ,リミックス,ブレイク・ビーツ
  14. デジタル写真とネットワーク文化
  15. 振り返りとまとめ

評価

  • 平常点 30%
  • 期末レポート 70%
    • 任意の写真を一点選び,それを丁寧に記述し,講義内容に基づいてそれを分析,解釈するタイプのレポートになる予定。取り上げた対象をしっかりと自分の目で見て,それを論理的に説明できているかどうかが評価のポイントである。

主要参考文献

人類のビオトープ——風景とアントロポクラシー

佐藤守弘「人類のビオトープ——風景とアントロポクラシー」

要旨

美術史家E・パノフスキーは、幾何学的遠近法を生みだしたルネサンス期をアントロポクラシー Anthropocracy、すなわち「人間による支配」と呼んだ。人間が自らを取り巻く環境を計測=操作可能なものとして捉えはじめたという点において、それを人新世 Anthropoceneの起点のひとつと考える論者もいる。確かに狭い意味での「風景」——すなわちルネサンス以降のヨーロッパで発展した環境を表象するモード——が、遠近法による主客の分離を前提としている以上、それは人新世という枠組みと無関係ではないはずである——そう考えると「人新世の風景」という言い方自体が同語反復的なのかもしれない。本発表では、人間と自然の境界づけの原理をE・サイードの言う「心象地理 Imaginative Geography」に求めつつ、絵画、写真、庭園などの表象メディアを参照して、風景がどのように「自然」なるものを構築/定位してきたのかを辿るとともに、〈植物〉をキーワードに風景のオルタナティヴを探ってみたい。

参考文献

芸術学集中講義 3日目

映像9, 19世紀の視覚文化——鉄道・パノラマ・ミュージアム

映像10, 万国博覧会と視覚の力

映像11, 鏡・セルフィ・テレビ電話——ヴィデオ会議のなかの〈私〉

映像12, ミニ講義——作品の構造:内容と形式

レポート課題

  • 任意の視覚的イメージを一点採り上げ、その作品の内容と形式のレヴェルの違いを意識した上で、講義内で行われたさまざまな問題を踏まえて、そのイメージについて論述する。
    • 引用元、参考文献(書籍、ウェブなど)は、文末にリストの形で必ず明記すること(下記の字数には含めな い)
    • 書式:字数:1200〜2000字
    • 形式:A4用紙縦使い、横書き、PDF形式
    • 取り上げたイメージを、レポートにレイアウトすること。
  • 注意事項:使用文字は基本的には明朝体
    • 長い文章でゴシック(サン=セリフ)体は読みにくい。
    • 字間、行間は適度に取ること
    • 論のまとまりに応じて改行して段落分けすること
      • たまに改行が一切ないレポートや、一文ずつ改行されているレポートがありますが、正直読む気をなくします。

芸術学集中講義 二日目

映像4, 広告のレトリック

  • 広告という文化
    • 「欲求need」と「欲望desire」のちがい
      • 「欲求は満足することができる。でも欲望は、決して満足しない。そして人間の活動は、そのほとんどがこうした「満たされない欲望」のうえに成立している。僕たちは自分の抱えた欲望を、そのつどちょっとずつ満たしてやることで、最終解決は先送りしながら生きている。〔…〕実はこういう欲望のメカニズムは、「資本主義」システムのそれとよく似ている。いろんな問題解決を常に先送りしながら成立しているこのシステムは、その究極的な解消がありえないことが、システム成立のための重要なよりどころになっている」
      • 「いわゆる資本主義とは、交換過程の偶発的性格(交換の可能性がその場その場の個人的な欲求に依存すること)を克服するために、支払うものの欲求を身体的・生理的な領域から解放し、交換の動機付けとなる欲求〔=欲望?〕を自己創出する動的システムのことなのだ。〔…〕資本システムは広告という意味媒体によって差異を自己生産し、私たちの欲求を創出する」
    • イメージのメディア的機能
      1. 【世界/コンテクスト】指示的機能
      2. 【制作者】表出的機能
      3. 【受容者】能動的機能(→広告)
      4. 【約束事/コード】メタ絵画的機能
      5. 【イメージ】美的機能
    • 広告=受容者の未来の行動を指示するイメージ
      • 「広告の目的は、見る者の現実の生活に対して最大限の不満を抱かせようとするものである。その社会の生活様式への不満ではなく、自分自身の生活への不満である。この商品を買えばあなたの生活はより良くなると広告は提案する。広告は見る者により良い状態にあるもう一つの彼を示す」。
      • 「あらゆる広告は不安をかきたてる。すべてのことはお金に集約され、お金を手に入れることがその不安を克服することである。いいかえれば広告がかりたてる不安とは、何も持たなければ、自分自身も何者でもなくなってしまうという不安である」。
      • その定義からいって広告にとって現在は不十分なものである。〔……〕束の間の生命しかない広告イメージは未来形しか用いない。これを買えば、あなたは魅力的になるだろう。こうした環境で暮らせば、あなたの人間関係はすべて快調で輝かしいものになるだろう。〔……〕広告は未来形で語る。しかしその未来への到達は限りなく先へ延ばされる。それではどのようにして広告は、その広範な影響を及ぼす説得力を保つのだろうか。広告が説得力を失わないのは、広告の真実性が、その広告の約束することが本当に実現されるかによって判断されるのではなく、〈見る者=購買者〉に与える幻想がどれだけ有効性を持つかによって判断されるからである。広告は本質的に、現実とではなく白昼夢と結びつく」。
    • 消費者に呼びかける広告
    • 病と健康のレトリック

映像5, 広告の視覚文化論

映像6, 視線と権力

  • イメージと視線
    • 観者を見つめるイメージ:はたらきかける「視線」
    • ジェンダーと視線
      • ティントレット《スザンナの水浴》
      • ストーリー:「美しい若妻スザンナが沐浴しているときに、長老二人が近寄り、言い寄った。しかし、スザンナは拒絶した。逆恨みした長老たちは、スザンナを姦通罪で訴え、スザンナは死刑になってしまいそうになる。そこで、預言者ダニエルは二人の長老を尋問し、矛盾を暴き、スザンナの無実が実証された。二人の長老は死刑となった」(旧約聖書ダニエル書外典より)。
      • 3つのまなざし
        1. スザンナを「覗き見」る長老たちのまなざし=見返されることのない「非対称」のまなざし
        2. 鏡を見るスザンナのまなざし=自らを見る:男性のまなざしを内面化したまなざし
        3. 絵を見る観者のまなざし=メタ・レヴェルのまなざし:ポルノグラフィ?
      • ジェンダー=社会的、文化的に定められた性差(男らしさ/女らしさなど):生物学的な性差(セックス)とは区別される。
        • 男性優位のジェンダー構成においては、男性は見る主体であり、女性は見られる対象となる。
        • 視線の主体である男性は、「見る」という行為によって女性という「他者」を性格づける。
        • 男性(主体)は、女性(他者)に付与したそれぞれの性格(受動的、露出、イメージ、感情、神秘、自然…)の反対語(能動的、窃視、言語、理性、好奇心、文化…)を自らに付与する。
        • 「主体」とは先験的に存在する物ではなく、「他者」との関係の網目のうちに構築される物である。
        • 「男は行動し、女は見られる。男は女を見る。女は見られている自分自身を見る。これは男女間の関係を決定するばかりでなく、女性の自分自身に対する関係をも決定してしまうだろう。彼女の中の観察者は男であった。そして被観察者は女であった。彼女は自分自身を対象に転化させる。それも視覚の対象にである。つまりそこで彼女は光景となる」(ジョン・バージャー『イメージ Ways of Seeing―視覚とメディア (PARCO PICTURE BACKS)』)。
      • マネ《オランピア》の視線
    • オリエンタリズム」と視線
      • オリエンタリズム=ヨーロッパのオリエントに対する支配的言説の様式
      • オリエントは…ヨーロッパ人の心のもっとも奥深いところから繰り返したち現れる他者イメージでもあった。そのうえオリエントは、ヨーロッパ(つまり西洋)がみずからを、オリエントと対照をなすイメージ、観念、人格、経験を有するものとして規定するうえで役だった(E・サイードオリエンタリズム 上 (平凡社ライブラリー)』)。
    • 視線の内面化
      • パノプティコン=一望監視装置
        • ジェレミーベンサムが考案した監獄
        • 監視する:看守から見ると、窓から入る逆光によって、囚人たちの身体は個別性を喪った抽象的な影として浮かびあがる
        • 監視される:中央の監視塔は鎧戸になっている
    • パリ、テキサス』と視線のゲーム

映像7, 観光という視覚文化

芸術学集中講義 初日

イントロダクション

映像1, ヴィジュアル・リテラシーとはなにか

映像2, マンガのヴィジュアル・リテラシー

映像3, 物語映画のヴィジュアル・リテラシー

映像4, 絵画のヴィジュアル・リテラシー

  • イメージを「読む」
    • 物語とイメージ:『伊勢物語』と「八つ橋」
      • 尾形光琳の3つの八つ橋/かきつばた
        • C0001845 伊勢物語図 - 東京国立博物館 画像検索
        • https://www.metmuseum.org/art/collection/search/39664
        • 燕子花図|根津美術館
        • 昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、「京にはあらじ、東の方に住むべき国求めに」とて行きけり。もとより友とする人、一人二人して行きけり。道知れる人もなくて、惑ひ行きけり。
        • 三河の国八橋といふ所に至りぬ。そこを八橋と言ひけるは、水ゆく川の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋と言ひける。その沢のほとりの木の陰に下り居て、乾飯食ひけり。その沢にかきつばた いとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、「かきつばた、といふ五文字を上の句に据ゑて、旅の心を詠め」と言ひければ、詠める。
          • 唐衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ(各句の頭の字をとれば「か・き・つ・ば・た」)
        • と詠めりければ、みな人、乾飯の上に涙落としてほとびにけり。

写真論2 第8回

講義

写真論2 第7回

レポート課題

任意の写真を一点選び、講義で触れた写真の理論、特に写真の複製性に注目して論述する。
取り上げる写真は、いわゆる「芸術作品」に限らず、報道、広告、科学的なものなどでもよい
ファイルはPDFファイルで提出
字数:1000〜2000字
形式:A4縦使い横書き
取り上げた写真は、かならずレポート内にレイアウトして掲載すること

芸術学概論(1) 第15回 

講義

芸術学特論(1) 第15回

講義

  • 広告という視覚文化
    • 広告=受容者の未来の行動を指示するイメージ
      • 「広告の目的は、見る者の現実の生活に対して最大限の不満を抱かせようとするものである。その社会の生活様式への不満ではなく、自分自身の生活への不満である。この商品を買えばあなたの生活はより良くなると広告は提案する。広告は見る者により良い状態にあるもう一つの彼を示す」。
      • 「あらゆる広告は不安をかきたてる。すべてのことはお金に集約され、お金を手に入れることがその不安を克服することである。いいかえれば広告がかりたてる不安とは、何も持たなければ、自分自身も何者でもなくなってしまうという不安である」。
      • その定義からいって広告にとって現在は不十分なものである。〔……〕束の間の生命しかない広告イメージは未来形しか用いない。これを買えば、あなたは魅力的になるだろう。こうした環境で暮らせば、あなたの人間関係はすべて快調で輝かしいものになるだろう。〔……〕広告は未来形で語る。しかしその未来への到達は限りなく先へ延ばされる。それではどのようにして広告は、その広範な影響を及ぼす説得力を保つのだろうか。広告が説得力を失わないのは、広告の真実性が、その広告の約束することが本当に実現されるかによって判断されるのではなく、〈見る者=購買者〉に与える幻想がどれだけ有効性を持つかによって判断されるからである。広告は本質的に、現実とではなく白昼夢と結びつく」。
    • 小林美香「脱毛広告観察――脱毛・美容広告から読み解くジェンダー、人種、身体規範」(『現代思想2021年11月号 特集=ルッキズムを考える』)
    • 戦後日本のポスターにおける医薬品の広告
      • 佐藤守弘「医薬品——病気と健康のあいだに」


https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス