写真論 第8回

レポート課題 任意の写真を一点選び、その写真が「何を」「どのように」表しているかを記述した上で、講義で触れた写真の理論(複製技術論、ストリート写真論)を踏まえて論述する。 字数:本文1200〜2000字(参考文献表、註などをのぞく) 書式:A4用紙横書…

芸術学特論2 最終回

コメント返し 「こすってみた」 The Adventures Of Grandmaster Flash On The Wheels Of Steel (Long Version) - YouTube Grandmaster Flash's Wheel's Of Steel Routine - All Vinyl - YouTube An Audio-Visual Guide to Grandmaster Flash ヒップホップ文…

写真論2 第7回

レポート課題 任意の写真を一点選び、その写真が「何を」「どのように」表しているかを記述した上で、講義で触れた写真の理論(複製技術論、ストリート写真論)を踏まえて論述する。 字数:本文1200〜2000字(参考文献表、註などをのぞく) 書式:A4用紙横書…

デザイン論特講3 最終回

期末レポート レポート課題:興味のあるポピュラー文化に関わるイメージやモノを一点選び、それを精密に記述した上で、本講義で扱ったさまざまなサブカルチャー論やストリート文化論を参考に論述する(路上観察をやってもいいですよ)。 引用元、情報の出典…

芸術学特論2 第14回

期末レポートについて 課題:任意の写真(興味がある、面白い、好き、あるいは嫌い)な写真を一点取り上げて、それを講義内で触れた諸理論を意識しながら、記述、分析、解釈してください。 とりあげた写真は図版としてレポート内にかならず挿入・レイアウト…

写真論2 第6回

レポート課題 任意の写真を一点選び、その写真が「何を」「どのように」表しているかを記述した上で、講義で触れた写真の理論(複製技術論、ストリート写真論)を踏まえて論述する。 字数:本文1200〜2000字(参考文献表、註などをのぞく) 書式:A4用紙横書…

デザイン論特講3 第13回

レポート課題 期末レポート レポート課題:興味のあるポピュラー文化に関わるイメージやモノを一点選び、それを精密に記述した上で、本講義で扱ったさまざまなサブカルチャー論やストリート文化論を参考に論述する(路上観察をやってもいいですよ)。 引用元…

芸術学特論2 第13回

タイムリーな話題 共通テスト2024 国語問題|共通テスト解答速報2024|予備校の東進 コメント返し(随分間が開いちゃった) 「エモい」は美的(感性的)カテゴリーか? 「エモい」の意味は?どう使う?〜心の素敵な揺れを3文字で射止めた言葉。使い方、分か…

写真論2 第5回

講義 文化生産の変容:複製技術と作者性 「レゲエ」という音楽の特異性 サウンド・システムとセレクタ/DJ サウンド・システム:Black Star sound system 1986 - YouTube DJクラッシュ:- YouTube ダンスホールとコンピュータライズド・レゲエ 「スレン…

デザイン論特講3 第12回

ストリートの戦術――流用とブリコラージュ 多義的な場としてのストリート 考現学:今和次郎&吉田謙吉を中心とした都市の細部、痕跡を「採集」する行為 今和次郎の民家研究と採集 「建築外の建築」 「このような建築外の建築――人間がそのいる場所に、無意識の…

写真論2 第4回

講義 文化生産の変容:複製技術と作者 写真と録音=機械的複製技術 「技術的複製によってオリジナルは受容者のほうに歩み寄ることができるようになる――写真というかたちであれ、あるいはレコードというかたちであれ。大聖堂はその場所を離れ、芸術愛好家のア…

デザイン論特講3 第11回

講義 ストリートの戦術――流用とブリコラージュ 消費者による生産 流用(アプロプリエーション)、転用(コンヴァージョン)、カスタマイズ、DIY(Do It Yourself)、レディ・メイド、リサイクル、リミックス、マッシュ・アップ、二次創作、MAD、モノマネ、替…

写真論2 第3回

講義 文化生産の変容:複製技術と作者 写真と録音=機械的複製技術 芸術作品=「いま・ここ」の一回性→「アウラ(霊気)」の根源 機械的に複製された芸術作品(写真/録音)=いつでも・どこでも→アウラの喪失 「技術的複製によってオリジナルは受容者のほう…

デザイン論特講3 第10回

講義 サブカルチャーから文化を考える サブカルチャーの終焉と文化遺産化 クール・ブリタニア - Wikipedia MODS & KAISER CHEIFS LONDON CLOSING CEREMONY 2012 Parka | V&A Explore The Collections StreetStyle (English Edition) The Jam | Somerset Hous…

芸術学特論2 第12回

コメント返し ノスタルジア:「距離」に対するフェティシズム 『世界文学のフロンティア〈4〉ノスタルジア』 ストリート・スナップ スナップサーチ | 東京のストリートファッション最新情報 | スタイルアリーナ 街のアイビーリーガース - 67camper's Blog 定…

写真論2 第2回

講義 ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット 写真集『自然の鉛筆 Pencil of Nature』(1844-46) Sun pictures: Henry Fox Talbot and the first photographs · SFMOMA How was it made? Calotypes | V&A - YouTube William Henry Fox Talbot | The …

デザイン論特講3 第9回

コメント返し ストリートからインターネットへ 講義 ヴィヴィアン・ウエストウッド:ストリートからハイ・ファッションへ http://www.viviennewestwood-tokyo.com/brand_history/index.cfm 『Vivienne Westwood 1970s-1990 [DVD]』 ストリートの戦術――流用と…

芸術学特論2 第11回

コメント返し マーティン・パー Martin Parr 16mmフィルム(映画) 16ミリフィルム - Wikipedia www.youtube.com 写真と他者と距離 「コンポラ写真」=日常のありふれたなにげない対象を、技巧を加えずそのまま撮る」 小林紀晴:第5回 コンポラ写真(前編)…

写真論2 第1回

イントロダクション 講師の自己紹介 佐藤守弘 専門:視覚文化&メディア研究 佐藤守弘の経歴・業績 講義情報 講義情報ウェブサイト(ブログ)について 講義概要:写真論1/2 講義概要 - 佐藤守弘の講義情報 講義の目的 内容の予定 評価について 講義 複製技…

デザイン論特講3 第8回

コメント返し サブカルチャーの「スタイル」とは? 連載「ルーディたちのスタイルとデザイン——2トーンと視覚文化」(全3回) 第1回:UKブラックの系譜 文:佐藤守弘(視覚文化研究)|Column|AMeeT https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/12259276.…

芸術学特論2 第10回

コメント返し セーフライト - Wikipedia 講義 痕跡としての写真 痕跡としての写真、家、肉筆、肉声 佐藤真監督『SELF AND OTHERS [DVD]』2000年(SIGLO『SELF AND OTHERS』) 牛腸茂雄『Self and Others(セルフ・アンド・アザーズ): 牛腸茂雄写真集』 『牛腸…

写真論1 第7回

補講 第8回はオンデマンド映像配信を見てもらうことにします。URLは、セイカポータルで送ります 講義 遺影写真:痕跡と記憶 遺影写真の三条件 肖像であること→イメージの再現的機能 像主が既に死去していること→指示対象の不在 観者が像主に愛情、尊敬などの…

デザイン論特講3 第7回

講義 サブカルチャーから「文化」を考える パンクとデザイン EVERYONE HAS THEIR PRICE――シチュアシオニストからパンク/ポストパンクへ 文:佐藤守弘(視覚文化研究)|Column|AMeeT パンクの視覚文化 前半 セックス・ピストルズ・プロジェクト 文:佐藤守…

写真論1 第6回

レポート課題 興味のある写真を1点取り上げ、それを丁寧に記述した上で、講義で取り上げた理論なども参照の上、論述してください。 字数:1000〜2000字 形式:横書き、A4縦使い、PDF 提出場所:クラスプロファイルに作ります 講義 写真と痕跡 痕跡の系譜 デ…

デザイン論特講3 第6回

講義 サブカルチャーから「文化」を考える サブカルチャーとマスカルチャー 「スタイル(様式)」とはなにか 様式とは何か - 9bit イギリスのユース・サブカルチャーズ:50年代のテディ・ボーイズ〜60年代のモッズ〜70年代のパンク ディック・ヘブディジ『サ…

芸術学特論2 第9回

コメント返し 写真以前の美術史 西洋美術史学の方法と歴史 マイクロフィルムの歴史 マイクロフィルムの不思議な歴史、伝書鳩からマンガ本まで - GIGAZINE John Benjamin Dancer - Wikipedia カラー(色彩)写真の歴史 減色法によるカラー写真の仕組み 写真の…

写真論1 第5回

講義 写真と痕跡 アイコン=インデックス的記号としての写真――パース アイコン的記号/インデックス的記号/シンボル的記号(C・S・パースによる記号の三分類) インデックス的記号=対象物との物理的因果関係に基づく記号 写真、特にスナップ写真は非常に…

デザイン論特講3 第5回

講義 ポピュラー・カルチャーとは 「「ポピュラー・カルチャー」という語は、日本語で言う「民衆文化」とほぼ同義であり、本稿ではハイ・カルチャー、エリートの文化ではない、フォーク・カルチャー、マス・カルチャー、カウンター・カルチャー、そしてポッ…

芸術学特論2 第8回

コメント返し カメラの大川 ティンタイプの露光時間 ポストモーテム写真とエンバーミング 死と写真 講義 ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット 写真集『自然の鉛筆 Pencil of Nature』(1844-46) Sun pictures: Henry Fox Talbot and the first ph…

写真論1 第4回

講義 写真前史 光と痕跡:フォトジェニック・ドローイング(光による素描)とサイアノタイプ(青写真) フォトグラム | 現代美術用語辞典ver.2.0 [Vol.229]日光写真の話│種清豊のフォトコラム|カメラのキタムラ サイアノタイプの作り方 君は「青写真」の語…


https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス