佐藤守弘の講義情報

佐藤守弘(京都精華大学)の講義関係情報--芸術学/写真論/視覚文化論など

講義概要:芸術表象論

芸術表象論

講義の目的

  • 芸術・表象・文化——イメージ/モノと人間  
    • 視覚文化研究(ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ)という研究領域は、従来の美術史に対する反省や、文化研究/文化社会学の影響下に、芸術や文化を新たな視点から考える脱領域的研究分野として成立した。またモノと人間の関係について幅広い視角から捉え直す物質文化(マテリアル・カルチャー)という考え方も登場する。本講では、そうした研究領域を批判的に再考し、具体的な事例を取り上げつつ、現代社会における芸術の位置を考察したい。  

講義の進め方

    1. イントロダクション
    2. 芸術と記号論
    3. 「文化」を理解する:記号、表象、意味
    4. 文化と表象の制度
    5. 視線の力学
    6. 近代社会と監視
    7. 複製技術と視覚的イメージ
    8. 引用・流用・剽窃
    9. 芸術と物質性
    10. 物質としてのイメージ
    11. ヴァナキュラー文化論
    12. ストリートとサブカルチャー
    13. ストリートの戦術:流用・転用・ブリコラージュ
    14. ブリコラージュと「野生の思考」
    15. 痕跡と考古学的想像力
    16. まとめ 

評価方法/基準

  • 出席40%、レポート60%

注記

  • 比較芸術論と同時開講とする

https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス