佐藤守弘の講義情報

佐藤守弘(京都精華大学)の講義関係情報--芸術学/写真論/視覚文化論など

16芸術学2

芸術学2 最終回

アンケート レポート課題 レポート課題:興味のある視覚的イメージを一点選び、それが何をどのように表しているのかを記述した上で、そのイメージの面白さ/魅力について論ずる。 取り上げるイメージは、いわゆる「美術」に限るものではない。写真、雑誌のレ…

芸術学2 第14回

レポート課題 レポート課題:興味のある視覚的イメージを一点選び、それが何をどのように表しているのかを記述した上で、そのイメージの面白さ/魅力について論ずる。 取り上げるイメージは、いわゆる「美術」に限るものではない。写真、雑誌のレイアウト、…

芸術学2 第13回

講義 日本と近代美術 日本画/洋画という制度の成立 翻訳語としての「美術」=1873年・ウィーン万博出品目録 フェノロサと岡倉天心 美術教育と美術学校 「美大」とは? 美術学校 - Wikipedia 美術系大学はどれくらいあるか? - 美大日記::ムサビの手羽/美…

芸術学2 第12回

講義 日本と近代美術 日本画/洋画という制度の成立 翻訳語としての「美術」=1873年・ウィーン万博出品目録 フェノロサと岡倉天心 美術教育と美術学校 「美大」とは? 美術学校 - Wikipedia 美術系大学はどれくらいあるか? - 美大日記::ムサビの手羽/美…

芸術学2 第11回

講義 日本と近代美術 江戸の遠近法 秋田蘭画 世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画 サントリー美術館 浮世絵と遠近法 葛飾北斎「冨嶽三十六景」(1823〜35頃:富嶽三十六景 - Wikipedia) 歌川広重「江戸名所百景」(1856〜58:名所江戸百景 - Wikipedia) …

芸術学2 第10回

講義 日本と近代美術 江戸の遠近法 秋田蘭画から司馬江漢へ 「珍奇性」と「有用性」 浮世絵と遠近法 葛飾北斎「冨嶽三十六景」(1823〜35頃:富嶽三十六景 - Wikipedia) 歌川広重「江戸名所百景」(1856〜58:名所江戸百景 - Wikipedia) 浮世絵とジャポニス…

芸術学2 第9回

講義 グラフィック・デザインとモダニズム ヘルベチカという書体 ヘルベチカ - Wikipedia Sans-serif - Wikipedia Akzidenz-Grotesk - Wikipedia フーツラ - Wikipedia 第28回 奇跡の普遍性 Helvetica forever: Story of a Typeface ヘルベチカ展 | DNP 大日…

芸術学2 第8回

講義 グラフィック・デザインとモダニズム ハリー・ベックとロンドン地下鉄マップ http://homepage.ntlworld.com/clivebillson/tube/tube.html Tube - Transport for London Home - London Transport Museum ヘルベチカという書体 ヘルベチカ - Wikipedia Sa…

芸術学2 第7回

講義 ジャズ:モダニズムからポストモダンへ エレクトリック・ジャズ(クロスオーヴァー) マイルス・デイヴィス《ビッチズ・ブリュー》, 『BITCHES BREW』 Miles Davis "Bitches Brew" live in Beograd, November 7, 1973 - YouTube ウェザー・リポート《テ…

芸術学2 第6回

イベント案内 京都精華大学 大学院 芸術研究科・デザイン研究科 合同特別講義「呼吸するART & DESIGN vol.3.2」 | 京都精華大学 「なにで行く どこへ行く 旅っていいね」関連シンポジウム「観光ポスターに見る日本の近代ツーリズムについて」:2016年|美術…

芸術学2 第5回

講義 絵画における「モダニズム」とは? 近代的な芸術概念=「歴史や文化から自立した『作者』が、徹底的な自己批判を通じて創り出す独創的で自律的な『表現』」 「〔19世紀以来の近代資本主義の文化的表現〕では、制度や慣習がどうであれ、私は自分をこのよ…

芸術学2 第4回

講義 絵画の近代 ヨーロッパ近代美術史を駆け足でおさらい ポスト印象派 セザンヌからキュビスムへ キュビスム フォーヴ/表現主義 「表現」の諸問題 ファン・ゴッホ、マティス、表現主義 さまざまな抽象 抽象表現主義〜ミニマリズム 高村光太郎 緑色の太陽 …

芸術学2 第3回

講義 近代における「芸術」概念 一般的/古典的な「芸術」に関する定義=「芸術とは、剽窃であってはならない。つまりそれは、だれかある個人が、自分の手でつくったものであり、しかも過去にすでにあるものを模倣したり剽窃したりするのではなく、かれの「…

芸術学2 第2回

講義 「芸術/アート」とはなにか? げい‐じゅつ【芸術】:『広辞苑』の定義 [後漢書孝安帝紀]技芸と学術。 (art) 一定の材料・技術・様式を駆使して、美的価値を創造・表現しようとする人間の活動およびその所産。造形芸術(彫刻・絵画・建築など)・表情…

芸術学2 第1回

イントロダクション 講師の自己紹介 佐藤守弘 デザイン学部教授(共通科目)、専門:芸術学、視覚文化論 佐藤守弘の経歴・業績 研究室:流渓館215 コンタクト:msatow@kyoto-seika.ac.jp オフィス・アワー:毎週水曜日13:30〜15:00 流渓館215 上記の時間は基…

芸術学2:講義概要

月曜日2講時 履修年次:芸術/デザイン/マンガ/ポピュラーカルチャー学部1年次〜 講義の目的 近代社会の中での芸術・デザイン・音楽 本講義では、近代における「芸術」という制度の成立や「デザイン」という概念の誕生、その変容を幅広く見ていくことによ…


https://satow-morihiro.hatenablog.com/


はてなダイアリーのサービス終了のため、講義情報ページをはてなブログに移行しました。以前の記事にアクセスすると、ここに自動的にリダイレクトされるようにしています。

19年度前期芸術学A視覚文化論デザイン論特講1デザイン理論特講(大学院)/a> 講演、特別講義など

前学期までの講義情報総合情報シラバス